オーストラリア・ゴールドコースト留学はSOPHIA AUSTRALIA 〜ソフィア・オーストラリア〜で!オーストラリア・ゴールドコーストの語学学校や親子留学の細かい情報満載。

コースや滞在期間、目的により取得しなければいけないビザの種類が変わります。
自分に必要なビザが何であるのか確認をしてビザ申請を行いましょう。

ワーキングホリデービザは、18歳から31歳以下の方であれば12ヶ月間滞在する許可が得られ、その名の通りホリデーとして滞在することができます。その間に、生活費やお小遣いを稼ぐために一時的に就労することができ、4ヶ月以内であれば学校に通うこともできます。このように、ワーキングホリデーは比較的自由に生活が出来ることから留学生の間で非常に人気となり、現在では他のビザの中でも発行数が一番多くなっております。また、このビザは基本的に一つの国に一回のみ有効ですが、オーストラリアの場合はセカンド・ワーキング・ホリデー・ビザを取得することができるので、多くのリピーターが再度オーストラリアを訪れています。

【1回目・2回目共通事項】
ビザの条件
(1回目・2回目共通)
ビザの可能範囲
(1回目・2回目共通)
申請方法
(1回目・2回目共通)
申請場所
(1回目・2回目共通)
eVisa申請手続きが途中で出来なくなった場合
(1回目・2回目共通)
eVisa申請処理の
完了通知

(1回目・2回目共通)
WH期間中の他国々への訪問について
(1回目・2回目共通)
他の種類のビザへの変更
(1回目・2回目共通)
【1回目事項】
ビザの有効期限
(1回目)
ビザ申請の対象
(1回目)
ビザ申請料金
(1回目)
就労
(1回目)
就学
(1回目)
滞在延長について
(1回目)
保険について
(1回目)
健康診断
(1回目)
人物審査
(1回目)
資金証明
(1回目)
滞在延長について
(1回目)
【2回目事項】
ビザの有効期限
(2回目)
ビザ申請の対象
(2回目)
ビザ申請料金
(2回目)
健康診断
(2回目)
人物審査
(2回目)
資金証明
(2回目)
季節労働
(2回目)
季節労働期間
の計算方法

(2回目)
季節労働期間
の証明

(2回目)
申請者の義務
(2回目)


申請の受付完了時に18歳以上で31歳未満であること

・最高12ヶ月まで滞在できる
ビザ有効期限内は出入国が何度もできる
・1雇用主のもとで最高6ヶ月就労可能
・就学またはトレーニングが最高4ヶ月までできる

■日本在住者はインターネットで申請が出来ます。オンライン上で提出されたワーキングホリデービザの申請処理は通常、48時間以内に完了し、健康診断の受診など、追加の手続きが必要になった場合は、最長4週間程度処理完了までに時間がかかりますので、余裕を持って申請を行ってください。
■インターネット申請をしない場合は国内の大使館もしくは領事館に申請書「Form 1150」を記入し申請してください。

ワーキングホリデービザ申請後はhttp://www.immi.gov.au/visitors/working-holiday/417/after-you-lodge.htmを確認してください。

■ヘルプデスク eVisa.WHM.Helpdesk@immi.gov.au に連絡して、助言を求めることが出来ます。
■オンライン申請ですでに入力した情報は、「保存」機能で保存し、後日再入力することも出来ます。
■保存された申請書は通常、28日間保管されます。
この期間を過ぎても完成されなかった申請書は削除される可能性があります。

ビザが認可された際には、指定したメールアドレスまたは郵便のあて先にビザ発給許可通知が届きます。この通知はビザ認可の証明ではありませんが、オーストラリアに入国する際には所持していることをお勧めします。
■申請が棄却された場合:
⇒その理由も書かれた通知が届きます。照会番号(Transaction Reference Number)を使うと申請処理が完了する前でも、オンライン照会機能で進捗状況をいつでも確認することが出来ます。

オーストラリアに最初に入国した日から12ヵ月以内であれば、オーストラリアからの出国と再入国は可能です。ただし、オーストラリア国外で過ごした期間分を埋め合わせるために、滞在期間を延長することは出来ません。

■他のビザの申請条件を満たせば、オーストラリア滞在中にワーキングホリデービザからの変更の申請を行うことが出来きます。ただし、さらに長期間オーストラリアに滞在する目的で、ワーキングホリデービザの所持者が訪問ビザへの変更を求めても、特別な事情がない限り、発給の条件を満たすことはできません。
■ワーキングホリデービザ以外のビザを取得している人は、オーストラリア国内でワーキングホリデービザに変更することは出来ません。


ワーキングホリデービザの有効期限は以下の通りです。
ビザ発給日から12ヶ月間以内に渡航できる
■初入国日から12ヶ月間滞在できる
■初入国日から12ヶ月間は何度でも出入国できる
初入国後、出国してオーストラリア国外にて滞在した期間はビザ延長対象とならず、初入国日から12ヶ月間のみ有効

1回目のワーキングホリデービザの対象者は以下の通りです。
・申請日、ビザ発給日ともにオーストラリア国外にいること
・ワーキングホリデービザで以前に入国したことがないこと
・申請日に18歳以上31歳未満であること
・オーストラリアに12ヶ月以上滞在する意思がないこと
・扶養する子供が同行しないこと
・オーストラリアとワーキングホリデープログラム協定締結国のパスポートを保持していること

Working Holiday visa (subclass 417)
Note: First and second working holiday visa : $230

オーストラリアではどんな仕事でもできます。(1雇用主元で最高6ヶ月まで就労可能)既に取得積みの資格が使用可能かどうかは Australian Skills Recognition Information (ASRI): http://www.immi.gov.au/asri/で事前に確認をしてください。
主目的が「就労」という場合は、ワーキングホリデービザではなく、就労ビザなどをご検討してください。
ワーキングホリデービザでの滞在終了後、就労していた人は帰国する際に年金預金(superanniuation)返還手続きができます。
詳細:Departing Australia superannuation payment essentials(オーストラリア国税局HP参照)

就学またはトレーニングは最高4ヶ月までできます。

1回目のワーキングホリデービザは12ヶ月以上延長することができません。
※ただし、1回目のワーキングホリデー滞在中にオーストラリア地方地域内で季節労働に3ヶ月していた場合、2回目のワーキングホリデービザが申請可能になります。

民間の保険は私立・公立病院にて受ける治療費もカバーでき、保険の値段やプランは様々なので、ご自身の予算や条件に合わせて保険を選ぶことができます。
SOPHIAでお申し込まれた方はAIUの保険をご紹介しています。

すべての申請者は健康上の基準を満している必要があり、状況に応じて健康診断が必要になります。健康診断はビザ審査が判断される以前に受診しなくてはならなりません。また、健康診断費は申請料金に含まれていないので自己負担になります。
ワーホリの場合は基準を満たしていれば診断証明書は必要ありません。
<基準>
■結核の危険性が非常に高いと考えられる国(該当国のリストと健康上の基準:Form 1163i Health requirement for temporary entry to Australia参照)に居住中
■結核の危険性が非常に高いと考えられる国または国々に過去5年間に3ヵ月以上続けて滞在したことがある
■オーストラリアの病院またはその他の医療機関(養護施設を含む)を訪れる可能性がある
■オーストラリアの育児施設(幼稚園または保育所を含む)で従業員、あるいは研修員として働く可能性がある
下記の場合には胸部レントゲン検査と健康診断(専門医の診断書を含む)が必要
- 健康上の基準を満たしていない可能性を示す兆候がある
- 学校などの授業形式の中で4週間以上働いたり、就学したりする可能性があり、かつ結核の危険性が非常に高いと考えられる国のパスポートを所持している

ビザを発給する条件として人物審査の基準を満たす必要があります。

滞在費として十分な資金を保有していることが条件で、原則としてA$5,000を十分な資金とみなさせます。
※場合によって、資金証明を要求されることがあります。
2回目のワーキングホリデービザを申請するためには、1回目のワーキングホリデービザにて滞在中、オーストラリア地方地域内で3ヶ月間季節労働に行った証明が必要です。


基本的には1回目のワーキングホリデービザと同じですが、ビザの対象や金額等が異なるので十分ご確認してください。
申請場所 WH滞在期間
1回目のWHでオーストラリア国内 1回目のWHで初入国した日から24ヶ月間
1回目のWH以外のビザでオーストラリア国内 2回目のWH発給日から12ヶ月間
オーストラリア国外 ・2回目のWH発給日から12ヶ月以内に入国可能
・入国日から12ヶ月間滞在可能
2回目のワーキングホリデービザはオーストラリア国外に滞在した期間はビザ延長対象とならなりません。

2回目のワーキングホリデービザの対象者は以下の通りです。
・オーストラリア国内で申請する場合: 発給日もオーストラリア国内にいること
・オーストラリア国外で申請する場合: 発給日もオーストラリア国外にいること
・1回目のワーキングホリデービザでオーストラリア地方地域内にて季節労働を行っていること
・申請日に18歳以上31歳未満であること
・オーストラリア国外でビザ申請した場合、オーストラリアに12ヶ月以上滞在する意思がないこと
・扶養する子供がいないこと
・オーストラリアとワーキングホリデープログラム協定締結国のパスポートを持っていること

Note: First and second working holiday visa : $195

・1回目のワーキングホリデーを参照

・1回目のワーキングホリデーを参照

・1回目のワーキングホリデーを参照

季節に限られた労働、あるいは農業・漁業・林業などの一次産業の従業員として行う労働のことです。
・農作業・畜産業
・農作物やきのこ類などの栽培
・農作物の製造や加工
・販売目的で畜産・酪農にかかわる飼育や加工品の製造
・畜産・酪農にかかわる毛刈り、食肉解体業、放牧、なめしなど
・原料からの乳製品製造
・漁業・真珠採取
・魚類や海産物の採取に関する作業
・真珠採取や真珠貝の採取あるいは養殖に関する作業
・樹木の剪定や伐採
・プランテーションや森林にて伐採目的で栽培
・プランテーションや森林にて伐採
・プランテーションや森林にて伐採された木々を製粉・加工する場所へ輸送
季節労働は必ずしも有給である必要はありません。
ボランティアやWWOOF(ファームステイ)なども3 ヵ月以上の季節労働として考慮可能です。

例:1雇用主のもとで一定期間労働: A(3ヶ月)=3ヶ月
1雇用主または複数の雇用主のもとで各一定期間労働: A(1ヶ月)+B(2ヶ月)=3ヶ月
労働はフルタイムでなければなりません。労働日数や労働時間はその雇用主、地域、業界において一般的なフルタイムの日数・週でなければなりません。

※申請時に下記を必ず用意してください。
・最初のワーキングホリデービザで従事した季節労働に対する給与明細
・納税証明書(tax return, group certificate)
・雇用主からのリファレンス
フォーム:「Form 1263」 Working Holiday visa: Employment verification (52KB PDF)
フォームには雇用主・就労期間・就労場所の詳細および雇用主からの署名が必要
<オーストラリアの地方地域(Regional Australia)>
・オーストラリア地方地域:郵便番号にて指定されている場所が地方地域となる⇒Regional Australia Postcode List
・オーストラリアの地方地域の収穫のような就労機会に関する情報⇒Harvest Trail - Overview
2回目のワーキングホリデービザ申請をする為には、この指定地方地域にて最低3ヶ月以上季節労働に行った証明が必要です。Harvest Trailwebsiteにて求人募集があっても、郵便番号リストに記載がない場合があるためご注意ください。例えば、ハンターバレーはこの「オーストラリア地方地域」に該当しません。

■申請者はビザ条件を守る義務
・就学や就労条件に加えて、審査により追加の条件が課せられる事もある
ビザ条件を守れなかった場合は、ビザキャンセルや国外退去処分となることがある
■就学またはトレーニングは最高4ヶ月を守る義務
1回目のワーキングホリデービザにて1つの教育機関で就学した場合、2回目のワーキングホリデーで、同じ教育機関でもさらに4ヶ月就学することができます。
■1雇用主のもとで最高6ヶ月まで就労
・職業人材紹介サービスや代理店を通じて、1雇用主にて6ヶ月就労した場合
⇒以後、同じ代理店に別の雇用主を紹介された場合は雇用主が異なる為、さらに6ヶ月間就労可能
・各雇用主のもとでは最高6ヶ月間就労が可能であり、6ヶ月以上は、同じ役職、同じ場所、同じ職務で働くことができない
・6ヶ月間の就労はフルタイム・パートタイム・カジュアルやシフト勤務も含める
・別の代理店や人材派遣会社を通じて同じ仕事に6ヶ月を超えて働くことはできない
・仕事に関する情報や有する資格についての登録、雇用主としての義務に関する詳細⇒ Information on working in Australia
1回目のワーキングホリデーの滞在時に就労した雇用主の下でも、2回目のワーキングホリデーでは新たしいビザでの滞在になるので、再度最高6ヶ月間の労働が可能になりますが、6ヶ月以上は、同じ役職、同じ場所、同じ職務で働くことができません。


ホーム
お申込み
お見積り
資料請求/お問合せ
語学留学
ワーキングホリデー
スキルアップ(専門学校)留学
おケイコ留学
ホームステイ
親子/シニア留学
学校紹介
SOPHIAサポート
料金について
サイト利用方法
格安ホリデーアパート紹介
留学準備情報 留学までに考えなければいけない事やビザの申請方法など参考にして下さい。
→詳細へGO
生活情報 ゴールドコーストでの生活を満喫するための情報が盛り沢山♪
→詳細へGO
Useful Link 何かと役立つサイトをまとめてみました。上手に活用して下さい♪
→リンク集へGO
ゴールドコースト便り ゴールドコーストのスタッフブログです♪
→ブログへGO
カウンセラーよりみなさまへ
クイーンズランド州各種手配「YS TOURS AUSTRALIA」
トップ / 会社概要 / 約款 / プライバシーポリシー / サイトマップ
Copyright(C)2009 SOPHIA all rights reserved